エジプトの『バクシーシ』とは



海外旅行のときに、チップの扱いに戸惑った経験をお持ちの方は多いでしょう。
エジプトを旅行していると、チップのほかに『バクシーシ』というものまで存在し、かなり頭が痛くなります。

バクシーシとは、イスラームの「喜捨」です。
つまり、「経済的に余裕のある人が貧しい人にお金や物を与えるのは当然である」という考えから生じたものです。
それが、「あなたは持っているのだから、もっていない私に与えるのが当たり前!」というように、持たないものが持つものに当然のようにお金や物をせびる形になっています。

エジプトを旅していて、バクシーシに関しては、不快な思いをすることが多々あります。
バクシーシを要求するエジプト人は、もらったバクシーシが少ないと、自分が馬鹿にされたと感じて怒ることさえあります。
一方、あまりに気前よく支払ってしまうと、「良いカモを見つけた!」といわんばかりに、しつこく、時には集団で迫ってきます。

日本では、お金で人間関係が左右されることを嫌悪します。
しかし、お金が人間関係の潤滑油となることは事実ですね。
イスラームでは、アッラーもこれを積極的に認めているのです。
わたしたち日本人は違和感を感じることもありますが、民族性の違いですね。
小額紙幣は用意しておき、エジプト規準に妥当な金額を払ってもよい気がします。
しかし、もちろん義務でも強制でもありません。

では、どれほどの金額が妥当なのでしょうか。
一般の食堂では、ウェイターに50pt.〜1LEくらい、高級なレストランなら料金の10%程度をテーブルにさりげなく置くとスマートです。
しかし、メニューに「サービスチャージ12%」などと書いてある場合には、バクシーシは必要ないと考えてください。

トイレでも、無料ということほとんどありません。
トイレの前にいるエジプト人のおじさんに50pt.を渡すのが相場です。
もっと知りたい→地域情報ブログランキング

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。